地域ファミリー&情報流通は地域に自立をもたらすコミュニティ

実践活用レベル

実践活用レベル

●レベル1(ソーシャル原人orソーシャルベースマン)

  • Twitter、Facebook、Google+、mixiのアカウントの所持、基本的な操作、ページ作成が出来る。
  • 情報発信、双方向のやり取り操作ができる。
  • 各メディアの基本、特徴を理解している。

●レベル2(ソーシャル人orソーシャルプレーヤー)

  • レベル1をクリアしている。
  • 主なSNS(Twitter、Facebook、google+、mixi等)において自分の呟きスタイル(キャラクター)を構築し一貫性ある発信、交流ができ、継続していること。
  • プロフィールが魅力的(人、考え方、性格、エピソード、夢)に表現にできている。

 

●レベル3(ソーシャル賢人orソーシャルアレンジャー)

  • レベル2をクリアしている。
  • マスメディア、検索やポータルサイト等のネット関連、メディア、ソーシャルメディアの特徴マーケティングの基本を理解している。
  • 主なSNS(Twitter、Facebook、google+)においてビジュアル表現とコメントが連動している。
  • 自分(クライアント)のスタイルを現実に活かすために、 他メディアも絡めた入り口と出口のイメージができている。
  • ハードとクライアントツール(アプリ)を理解している。(簡単なペーパーテストあり)

レベル4(ソーシャル達人orソーシャルコンポーザー)

  • レベル3をクリアしている。
  • Twitter、Facebookページ、goole+ページやグループ機能の設定と運営ができる。
  • 外部メディアからソーシャルメディアへの相互連携ができている。
  • 情報発信にバリエーションが出せる(記入式テストあり)

●レベル5(ソーシャル志師)

  • レベル4をクリアしている。
  • レベル1~レベル4を人に教える事ができる。
  • 講師として、各レベルにあった指導が出来る。
  • 自己サイトやブログとの連動ができ指導できる。(面接or実践テスト)

大学生の就活の武器に欲しいレベルは2、できれば3

大学生向けは2をクリアする講座カリキュラムとなります。

ビジネスマンはレベル3をクリアしましょう。

企業内研修は3をクリアする講座カリキュラムとなります。

企業団体のマネジメント層、プロジェクトリーダーはレベル4以上を目指そう!

これらはステップアップし2015年から電子個性通価の地域創生エリアコーディネーター人財に引き継がれました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional